日別アーカイブ: 2016年11月14日

ホルモンと自律神経に作用する食べ物で更年期障害を緩和♪

皆様こんばんは‼大阪市住之江区平林フェイシャル、アンチェイジング専門サロン、ビオトナスの山口史恵です。本日もビオトナスのブログをご覧頂きまして有難うございます♪

更年期障害の症状で日常の倦怠感から少しでも緩和するためには、通院も手段の1つですが、先ずは日常の食生活も意識してみるのも良いですね♪

ビタミンE…ホルモン形成に関与するビタミンで、血行促進作用もあるので冷えのぼせなどのホットフラッシュにも有効♪ブロッコリーやナッツ類、アボガト、良質な油…オリーブ油、えごま油、魚油

亜鉛…ビタミンEと同様でホルモンバランスを整える作用卵黄、カキなど貝類、胡麻

イソフラボン…更年期障害は女性ホルモンのエストロゲンの減少により倦怠感や、冷えのぼせ、ホットフラッシュなどの症状がありますが、イソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンに似た化学構造なため、更年期障害の緩和に有効な成分と言われております。納豆、豆腐、大豆、味噌

自律神経を整える作用はビタミンB1ビタミンB12で豚肉や貝類、卵黄など

食事で取り入れて、更年期障害を緩和していきましょう♪

大阪市住之江区平林フェイシャル、アンチェイジング専門サロン

ビオトナス06-6655-0307

日本エステティック協会認定サロン

日本コスメティック協会スキンケアマイスター取得サロン

美容薬学検定1級取得サロン

owner山口史恵